スケジュールした修復タスクのステータスが「パッチは存在しません」となる

バージョン 1

    内容

    修復タスクをスケジュール、もしくはポリシーで実行すると、タスク自体は成功するがステータスが「パッチは存在しません」となる

     

     

    原因

    ・タスクで指定したパッチが当該デバイス上で「必要なパッチ」として検出されなかったため

    ・タスクで指定したパッチの「影響を受けるコンピュータ」に当該デバイスは含まれていないため

    ・当該デバイス上で長期間Vulscanが実行されていなかったため

     

     

    解決方法/回避策

    1. タスクで指定したパッチ(脆弱性)がコンソール上のパッチと準拠で「スキャン」フォルダに登録されていることを確認する

    2. Vulscanで使用する「スキャンと修復の設定」のスキャンオプションで必要となるタイプ(脆弱性、LANDesk更新など)が正しく設定されていることを確認しする

    3. Vulscanを実行し、正常に完了することを確認する

    4. 対象となるデバイスをタスクに追加し、再実行する

     

     

    対象バージョン

    ・LANDesk Patch Manager 9.0 or later

    ・LANDesk Security Suite 9.0 or later

     

     

    英文ドキュメント

    http://community.landesk.com/support/docs/DOC-2829