特定のレジストリをスキャンする方法

バージョン 2


    内容

     

    新たに特定のレジストリをスキャンし、インベントリに追加する方法

     

    1) コアサーバのc:\Program Files\LANDesk\ManagementSuite\ldlogon\ldappl3.templateをエディターで開きます

    2) [Registry Info]セクションまで移動します

    3) 以下のようなフォーマットで値を追加します

    KEY=「値のパス」, 「値」, 「インベントリ名」

     

    「値のパス」はレジストリキーのパスとなります(例:HKLM\Software)

    「値」は取得するレジストリキー名を入力します

    「インベントリ名」は保存先のインベントリ名となります(例:Custom Data - Network - ***)

     

    4) LDAPPL3.TEMPLATEを保存します

    5) LANDesk Managementコンソールを開きます

    6) ツール > レポート/監視 > ソフトウェア リストの管理 を開きます

    7) 「クライアントに対し利用可能にする」をクリック

    8) クライアント側で次回のインベントリスキャン実行時にスキャンされます

    * スキャン対象のレジストリは必ず値がある必要があります。値がない場合はスキャンされません

     

    * レジストリ値を読取る為には、レジストリに対して適切なセキュリティ設定が適用されている必要があります

    * 管理コンソールの 構成 > サービス > インベントリ タブの「不明な項目」にて対象の項目を許可しておく必要があります


    対象バージョン

    LANDesk Management Suite 9.0 or later

     


    英文ドキュメント

    http://community.landesk.com/support/docs/DOC-1089