Windows 2008 64bitサーバ上のADOコードに起因したメモリーリークの影響

バージョン 2

    内容:

    Windows 2008 64bitサーバ上のADOコードに起因したメモリーリークによって

    インベントリサーバサービスが正しく機能しなくなる事象が発生します。

    例:

    ・インベントリデータの取り込みエラー

    ・インベントリサーバサービスが停止する

    ・インベントリサーバサービスがフリーズする

     

     

    原因:

    ADO レコードセットオブジェクトのメモリーリークによって引き起こされる問題です。

     

     

    解決策/回避策:

    既にマイクロソフト社から修正パッチが提供されておりますので、以下のサイトを

    参考にしてパッチを適用して下さい。

    http://support.microsoft.com/kb/978155

     

    なお、現時点ではLDMS90ベースのコアサーバをWindows 2008 R2 64bit上で構築した

    環境での事例報告のみではありますが、他のOS上でLDMS90以降のコアサーバを

    構築している環境で同様の事象が見られた場合は、マイクロソフト社が提供している

    パッチを適宜適用して下さい。

     

     

    対象バージョン:

    LANDesk Management Suite 9.0 or later

     

     

    英文ドキュメント:

    http://community.landesk.com/support/docs/DOC-7761