ScheduledTaskHandler_#.old ファイルについて

バージョン 8

    事象の詳細情報

      

    スケジュールタスク(配布パッケージ)を開始すると、コアサーバ上のLogフォルダに ScheduledTaskHandler_#.log ファイルが作成されます。

    このファイルはファイルサイズが 501KBに達すると、.log は .old へと拡張子が変更されます。そして、新しい .logファイルが作成され、続きのログが書き込まれます。

          

    フォルダ:

    (コアサーバ)..\Program Files\LANDesk\ManagementSuite\log\ScheduledTaskHandler_#.log

    (コアサーバ)..\Program Files\LANDesk\ManagementSuite\log\ScheduledTaskHandler_#.old  

     

    ※ # にはタスクIDが入ります。

      

    注意点:

    .old ファイルが作成されるときに、既に同じ名称の .old ファイルが存在していたとしても、古い .old ファイルのバックアップは作成されません。

      

      

    原因

    N/A 

     

     

    回避方法/解決策

    N/A

     

     

    対象バージョン 

    LANDesk Management Suite 9.0 or later