サーベイの送信頻度の変更

バージョン 3

    内容

    サーベイの送信頻度を変更する方法

       

              

    回避方法/解決策

     

    「im_incident」テーブルのトリガー「tps_survey」のスクリプトをエディタから編集します。

    青字行の数値部分を変更し、実行します。

         

      declare @constant int

      select  @constant=10  

      declare @pm_lifecycle_guid  uniqueidentifier

       

      DOC-27102.PNG

        

    注意点:

    - 変更をDBA加える前に、DBのバックアップを取ります

    - 操作はDBA権限を持つユーザアカウントで実行します

    - 本番環境へ実装する前に、テスト環境で検証ください

    - 「im_incident」テーブルのトリガー「tps_survey」を生成するSQLクエリに関するドキュメントは現在準備中です。

      準備でき次第、リンクを掲載しますので、少々お待ちください。

           

             

    対象バージョン 

    LANDesk Service Desk 7.5 / 7.5 Service Pack 1

       

          

    英文ドキュメント  

    http://community.landesk.com/support/docs/DOC-5981