データ変換サービスでCSVファイルをインポートする方法

バージョン 8

    内容

     

    Data Analytics の[データのインポート]機能を使って、Management Suite のインベントリにデータをインポートする手順は以下の通りです。

     

    1. LANDesk Management コンソールを起動します
    2. メニューから[ツール]>[データ分析]>[データ変換サービス]へ進みます 
    3. [データのインポート] を選択し、右クリックから[新しいルール]をクリックします
    4. [名前]と[説明]を入力し、[次へ]ボタンをクリックします 
      Doc-28403-01.png
              
    5. [データのインポートウィザード]画面にて、「Management Suite」にチェックが入っている状態で、[次へ]ボタンをクリックします
              
    6. [データのインポートウィザード]画面のデータソース情報にて、タイプとして「CSV」を選択します
      ファイル名として、インポート元のCSVファイルを指定します
      文字セットとして、インポート元のCSVファイルの文字コードを指定します
      Doc-28403-03.png
      ※「Default」は「シフトJIS」に対応します
              
    7. [追加]ボタンをクリックし、CSVファイルに含まれるデータとLANDeskの属性(インベントリの項目)とを結びつけ、
      [次へ]ボタンをクリックます
      Doc-28403-04.png
              
    8. [データのインポートウィザード]画面にて、[次へ]ボタンをクリックします
    9. [コンピュータが存在しない場合には新規作成]にチェックを入れます
      表示名として、上記手順7で指定して項目の1つを選択します
      [完了]ボタンをクリックします
    10. 作成したルールを選択し、右クリックから「今すぐ実行」もしくは「スケジュール」を選択します
    11. インポートが完了したら、[ネットワーク表示]画面でCSVファイルのデータがインポートされたことを確認します

     

    対象バージョン 

    LANDesk Data Analytics  9.5 

    パッチレベル:  Patch 46 以降 
    ※ Patch 46 以降より、CSVファイルの文字コードを選択する機能が利用可能となりました。