9.0 / 9.0 SP1 のコアサーバの使用開始(アクティベーション)について

バージョン 10

    事象の詳細情報 

     

    - コアサーバのライセンス認証を実施すると、「ライセンス認証ファイルを LANDesk Management Suite Activation サーバに送信できません。」 が返され、コアサーバのライセンス認証に失敗する。

     

    - 下記の認証ファイルを「licensing@lanedsk.com」宛てに送り、送り返された *.auth ファイルを ..\Authorization Files フォルダにコピーしても、コアサーバはアクティベートされない。

     

    認証ファイル: (コア)..\LANDesk\Authorization Files\ja-activate.YYYY-MM-DD-hh-ss-mm.txt

     

     

    DOC-29886-3.png 

     

     

     

     

     

    原因

     

    2013 年8月末に、弊社では製品のライセンス管理システムを変更いたしました。

    このライセンス管理システムの変更に際し、LANDesk Management Suite / Security Suite 9.0 / 9.0 Service Pack 1 において利用されていたAMPへの対応が配慮されていなかったため、本事象が発生しました。

     

     

               
    回避方法/解決策 

     

    手順:

    1. コアサーバでレジストリエディタを開き、下記のキーまで展開する。       

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\LANDesk\ManagementSuite\Licensing 
      キー(REG_SZ):Provider 
      値:AMP     

      DOC-29886-1.png
    2. この値を「AMP」から「LEGACY」に変更する。

    3. レジストリエディタを閉じる。   

    4. LANDesk > コアサーバの使用開始 > LANDesk コアサーバのライセンス認証 へ進み、[LANDeskコアサーバの使用開始]画面にて[ライセンス]ボタンをクリックする。

    5. 下記のメッセージが表示され、コアサーバのライセンス認証が完了したことを確認する。 
         

      DOC-29886-2.png 
       
    6. コアサーバにログオンする。

     

             

    対象バージョン 

    LANDesk Management Suite / Security Suite 9.0 および 9.0 Service Pack 1

    ※ Service Pack 2、3、4 においてはこの症状は発生しません。     

     

     

    英文ドキュメント

    N/A