パッチ マネージャのパッチ配置場所変更方法

バージョン 2

    検証バージョン

    LANDESK Management Suite 9.5

    LANDESK Management Suite 9.6

    LANDESK Management Suite 2016.x

     

    • 概要
    • パッチ ダウンロード場所の変更
    • UNC 共有の作成
    • Windows Server 2008 / 2012 における、新しいパッチ配置場所に関する Web 及び UNC 共有の適切な設定方法
    • Web 共有の作成

     

     

    概要

    標準ではパッチはコアサーバの LDLogon\Patch ディレクトリにダウンロード及び格納されます。

    これに対し、優先パッケージ サーバなどの別のサーバに格納したいというご要望がしばしばあります。

    この文書はそういったご要望を解決するべく作成されています。

     

     

    パッチ ダウンロード場所の変更

    1. LANDesk コンソールを開き、ツール - セキュリティと準拠 - パッチと準拠 をクリックし、"更新のダウンロード" アイコンをクリックします。

    DOC2133-00.png

     

    2. "パッチの場所" タブをクリックします。

    3. パッチの格納先 UNC パスを入力します。

    注意 : 標準のパッチの格納先は \LDLogon\Patch ディレクトリです。

    4. コアサーバ以外のサーバの UNC パスを入力する場合は、"パッチを保存するための認証資格情報" 欄に

    有効なユーザ名とパスワードを入力します。

    5. ダウンロードされたパッチの展開に必要な Web URL を入力します。 Web URL は、上記で入力した

    パッチの格納先 UNC パスと整合性が取れている必要があります。

    6. "設定のテスト" ボタンをクリックし、接続の設定に問題ないかを確認します。

     

    注意 : パッチを保存するための認証資格情報及びクライアントがパッチにアクセスするWeb URL

    または UNC パスの設定を元に戻す場合は、"デフォルト値にリセット" ボタンをクリックします。

     

    DOC2133-01.png

     

     

    UNC 共有の作成

    1. ローカルもしくはリモート デスクトップを通じて、共有サーバのパッチを格納するディレクトリに接続します。

    2. 新規ディレクトリを作成します。

    3. 新規に作成したディレクトリを右クリックし、プロパティを開きます。

    4. "共有"タブをクリックします。

    5. 共有名が正しいかどうかを確認します。

    6. "共有(S)..." をクリックします。

    7. ステップ3の"パッチ格納先の変更"では、この UNC 共有を行うに際しフル コントロール権限が必要となります。

    注意 : 新しい共有設定を行うにあたっては、標準のパッチ格納先と同様の権限が必要となります。

    8. 共有をクリックします。

    9. "セキュリティ"タブをクリックします。

    10. 標準のパッチ格納先と同等の権限を持つグループ名またはユーザー名を設定します。

    "パッチの場所" タブの"設定のテスト"をクリックし、書き込みエラーが表示された場合は、

    この UNC 共有の作成において適切なユーザー情報が登録されていない可能性があります。

     

    DOC2133-02.png

     

     

    Windows Server 2008 / 2012 における新規パッチ格納先の設定手順

     

    Web 共有の作成

    1. Windows スタート メニューの スタート - 管理ツール - インターネット インフォメーション (IIS) マネージャー を開き、

    サーバー名 - サイト をクリックします。

    2. Default Web Site を右クリックし、"仮想ディレクトリの追加..."をクリックします。

    3. "エイリアス(A)"にIISのフォルダ名を入力します。フォルダ名は実際のフォルダ名と完全に同一である必要があり、

    あらゆるスペースを省く必要があります。

    4. 参照する物理パスを入力し、OKをクリックします。

    5. 現在開いている機能ビューの "ディレクトリの参照" アイコンをダブルクリックし、 "有効にする" を

    選択することにより、ディレクトリの参照が可能となります。

    6. インターネット エクスプローラなどのブラウザで http://コアサーバ名/フォルダ名

    が開けることを確認します。

     

     

    英語版 : https://community.landesk.com/support/docs/DOC-2133