ウィンドウズコンソールのログを有効にする方法

バージョン 2

    内容

    ウィンドウズコンソールのログを有効にするには、次のレジストリを作成します

     

    レジストリキー: HKLM\Software\LANDesk\ManagementSuite

    値: DWORD

    値の名前: DebugConsole 

    値のデータ:  1 

    ※レジストリキーを作成するだけです。サービスの再起動やOSの再起動は必要ありません

     

    デバッグログが有効になると、Console.exe.log (C:\Program Files\LANDesk\ManagementSuite\log) に記録されるログに、「INFO」の代わりに「DEBUG」と出力されます。

     

    12/28/2016 12:02:45 INFO  5284:Main Thread Mobile.ContextMenu : Constructing Mobile.WinUI.ContextMenu.ContextMenu

    12/28/2016 12:02:45 INFO  5284:Main Thread RollingLog : FormMain: Begin DeSerialize

    12/28/2016 12:02:45 INFO  5284:Main Thread RollingLog : FormMain: DisplayToolBox

     

    12/28/2016 12:08:04 DEBUG 6720:Main Thread RollingLog : CheckRights returning true: administrator right found

    12/28/2016 12:08:04 DEBUG 6720:Main Thread RollingLog : Static VerifyRights was not implemented in the LANDesk.ManagementSuite.DataProtUI.DataProtForm plugin

    12/28/2016 12:08:04 DEBUG 6720:Main Thread RollingLog : CheckRights returning true: administrator right found

     

     

    アップグレードしたコアサーバの場合:

    64ビットOSの Windows Server では、DebugConsole キーを作成する位置が異なる場合があります。

     

    HKLM\Software\Wow6432Node\LANDesk\ManagementSuite

     

     

    英文ドキュメント

    How To: Enable Extra Logging for the Windows Console